コン速

コンビニのような便利なまとめを目指して・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「そうか、元気でな。じゃあこれ」 と130円。

コンビニで起こったイイ話!
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/conv/1113206374/

210 名前: いい気分さん 投稿日: 2005/11/21(月) 20:52:10
すれ間違えた。こっちだったね
これほんとの話
昔労村で働いてたときいつも130円だけおいて
何も言わずスポニチかってく
常連のタクシーの運ちゃんがいた。
運ちゃんは特にしゃべるわけでもなく「ここに金おいとく」
だけいってカエル。
そんな日がつづき二年後、うちはバイト最後の日を迎える。
いつも来る常連のオバちゃんに「今日でバイトやめます」
みたいなことを話してて
おばちゃんも「あら寂しい」などと会話してたら運ちゃんが来た。
いつもほかの人接客中でも130円おいて勝手に帰るのに
その日はオバちゃんが話し終わるまでずっと並んでて。
運「お前やめんのか?」
私「ええ。もう高校卒業するんで・・・東京にしんがくします」
運「そうか、元気でな。じゃあこれ」
と130円。
あ~おっちゃんにも会えなくなると思うと案外寂しいなと思った。
30分後、運ちゃんが店にもどってきた。
運ちゃんは白い箱を持ってた
「がんばれよ」といって帰った。
後であけると箱の中身は一人分のホールのイチゴのケーキだった
チョコの板に「おつかれさまでした」の文字に泣いた。
おっちゃん。あのときはよくわからなくてちゃんとしたお礼もできなくて
ごめん。そしてほんとうにありがとう。
みなさん、おじさんおばさんにも悪い人ばかりじゃないよ、
確かにやな人もいますが、自分をほんとの孫や子供のように
思ってくれるぶっきらぼうな優しい人も実際いました。





↑ブログトップへ戻る

→この記事と同じカテゴリの記事をまとめ読み

↓同じカテゴリの直近5件はこちら
ペットボトル用のゴミ箱の中から子猫の鳴き声が[2010/04/24]
俺はある無人駅のホームに佇んでた。[2010/04/23]
「これなんだ?」[2010/04/23]
ラスト一冊のサンデー[2010/04/20]
キャビンマイルド。[2010/04/17]

[ 2010/04/24 15:30 ] イイ話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター
スポンサードリンク








リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。